お好きな方へどうぞ。

2016年5月1日日曜日

ペリーヌものがたり【カヴァー】









   ♫ 「ペリーヌ物語」について 


ペリーヌ物語は、かつてフジテレビでゴールデンタイムに放送されていた「世界名作劇場」の4作目にあたります。
ただ前番組「あらいぐまラスカル」後番組「赤毛のアン」などに比べると、知名度は今一つでしょうか。正直言って自分も最近まで忘れていました。


ところが5年ほど前に購入した世界名作劇場のオムニバスCDでこのオープニング曲に再会した途端、体中に電流が走ったような衝撃を受けました。

・ワンコーラスの中で、前半 → 跳ねたリズム / 後半 → ストレートなリズム
が切り替わるというラディカルな構成
 (”変わること” より、そこからまた戻ってくるところに違和感を感じさせないところが巧みの技)

・ピアノ・ビブラフォン・アコーディオン・木管楽器などを細かく組み合わせた、華やかで巧みなアレンジ


今更ですが、渡辺岳夫 / 松山祐士のゴールデンコンビによる "凄み" を感じます。
この翌年には「機動戦士ガンダム」を手掛けることになる御両名ですが、自分としては「ペリーヌものがたり」などの路線の方が、このコンビの本道に思えます。

この運命の再会以来、 いつかこの曲を自分の手で演奏したいと思っていました。

  (注)なお、ややこしいですが番組名は「ペリーヌ物語
     その主題歌が「ペリーヌものがたり」です。








 ♫ 円成寺さくらさんについて 


お聴きの通り、その澄んだ声が特徴的な歌い手さんです。

驚いたのですが、さくらさんは歌い始めてまだ1年とのこと…。
しかし、とてもそうとは思えないほど堂々とした歌いっぷりで、自分はかなり助けられました。


…と書いてはいますが、自分もさくらさんのことをよく知っているわけではないのです。

なにせ、僕が youtube でその歌声を聴き → アポをとり → 某所のガストで初対面したのが、今年の3月初旬…。
つまり、まだ知り合って2ヶ月も経っていませんので。



初対面の際、自己紹介もそこそこに iPod でこの曲を聴いていただいたのですが、
平成生まれのさくらさんにとっては「ペリーヌ物語」どころか「世界名作劇場」さえ、よく知らない様子。

しかし即座に『これ、やります!』と答えてくれました。

実はさくらさん、この時期
 ・初のワンマンライブ
 ・CD発売
 ・CD発売記念ライブ
などなど、目の回るようなスケジュールだったのですが、その中でこのセッションにお付き合いいただいて感謝しています。

さくらさん自作曲のCDはこちらで購入できますので、ご興味を持たれた方は是非!
 円成寺さくら1stシングルCD「SAKURA」









 ♫ ピアノアレンジについて 


今回はともかく『その華やかなアレンジをピアノ1台で再現する』ことがテーマです。

弾きながらアレンジしていくと、自分の技量や手癖の枠内で収めようとしてしまうので、アレンジの段階ではあえて手では弾かず、PCへの打ち込みで作り上げました。

当然出来上がったアレンジは自分にとって簡単に弾けるようなものではなく、しかし人を巻き込んでしまった以上、引き下がるわけにもいかず、死に物狂いで練習しました。

結果、演奏としてはまだまだですが、ピアノアレンジには納得がいっています。



なお今回、耳コピ中に気付いたのですが、実際にテレビで流れていたものと、僕が参考にしたCDに収録されている当時のシングルレコード版では、よく似ているもののテイクが違います。

おそらくスケジュール的にタイトなテレビ版の方をレコーディングした後に、レコード用の収録をしたのでしょう。
レコードの方が特にピアノなど洗練されたフレーズになっています。
またテンポ感も若干違います。

今回のセッションは、あくまでレコードのテイクを下敷きにしていることをお断りしておきます。

番組で使われたテイクは、ちょうど第1話が日本アニメーション公式にupされているので、こちらを参考にご覧ください。










4 件のコメント:

  1. ペリーヌ物語!
    昔のアニソンに反応してしまう…
    幼稚園のとき見てましたよ〜(^^;
    話の内容は覚えてないけど、この曲はよく覚えてます。姉や友達と♪ルンルンルルルルンルン〜と歌ってましたから。
    でもそんな優れた構成だったとは。歌いやすいから子どもの頃よく歌ってたのだろうなあ…
    さくらさんの歌声、とても伸びやかですね!

    返信削除
    返信
    1.  >>幼稚園のとき見てましたよ〜
      makiさんのお歳だと、再放送ですよね…あ、さっ再々放送かな?(慈悲の心)


      自分も視てたはずなんですがね…。
      金に困ったペリーヌが、家族同然だったロバを二束三文で売り飛ばしたことをトラウマレベルで憶えてますので。
      ただ、この ♫〜 ルンルン は自分の中で、某「花の子」に上書きされていたようです。


      今回はもう、この「ペリーヌものがたり」をやる!というのが大前提だったので、円成寺さんには御苦労をおかけしました。
      歌う方も演奏する方も、地獄を見るのは不可避の曲なので、初対面の方にお願いするのはどうかなとも思い、一応もう一曲、安全牌も用意していたんですが、そちらを出すまでもなく承諾していただけて助かりました。

      お陰でここ数年抱えていた荷物を一つ、降ろすことが出来ましたよ!

      削除
  2. ペリーヌ物語とはまた懐かしい所を突いてきましたねー。もうストーリーは全然覚えてないけど、兄貴が好きで観ていたような…。オリジナルを歌っていらした大杉久美子さんのように澄んださくらさんの歌声がピッタリハマっていてとても素晴らしかったです(^^)。こうして平成生まれの若い方があまり知られていない昭和アニメの名曲を歌ってくださると嬉しくなりますねー(´▽`)。

    返信削除
    返信
    1.  >>兄貴が好きで観ていたような…。
      むしろ、あなたのお兄さんの興味ない番組なんてあったのか?の方が気になりますよ。


      世の中、歌い方の上手い人は星の数程いますが、声質は持って生まれたものなので、円成寺さんのような素敵な声質を持った方は、この先もずっと歌い続けてほしいと思います。
      『才能がある』ということと『続ける』ということが直結しない、厳しい世界ですので。

      削除